読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

靴下のまとめ

観たものに関するメモ。

映画『図書館戦争LM』大ヒット御礼舞台挨拶 仙台 備忘録

f:id:nemuinukui:20151025175950j:image

2015年10月20日 火曜日 14:50の回
ムービックス仙台で1番大きい383座席の5番シアターで行われた《映画「図書館戦争 LAST MISSION 」大ヒット御礼舞台挨拶》に、10/16 17:00〜発売のインターネット戦争をくぐり抜け奇跡的に取れちゃった高校生価格1000円の破格多分きっとプレミアムチケット(バーコード画像)が保存された我がアイフォーンシックスを握りしめ、図書館戦争×ライトオンの特製パーカーカーキに身を包み、自称図書戦ガチ勢ガッセブンキモオタという二足のわらじを履いたこの私が、行って参りました。

チケット取れた時ぴょんぴょん飛び跳ねました。とてつもなく興奮した。夢みたいな気分でした。

その後は、緊張して、さらに変に思い詰めて、胸と腹あたりにいままでに感じたことのない原因不明の圧迫感がありこの4日間死ぬかと思った。

私が岡田准一を知ったのはこの前作「図書館戦争」だったので、すごく嬉しかった。宮城県図書館さまさまです。幸運に幸運が重なった感じ。仙台住んでてよかった〜って心の底から思いました。映画公開前にチョロっと見に行ったのですが、カタチがとても近未来的でかっこいい図書館だなと。横に長いから廊下もかなり長さがあるし。今度は劇中に出てきたところを探す図書戦ひとりツアーをしに行くつもりです。


f:id:nemuinukui:20151025180033j:image

そして来る舞台挨拶。

座席はすこし距離がありましたがど真ん中ポジだったのですごく良かったです。ちょうどジュンピーが目の前って感じで。真ん中っていいよね、映画みてるときも快適でした。

舞台挨拶は10分未満と短い時間だったけど、とてつもなくいろんなものが凝縮されていたように感じた。とにかく濃い。

てことで、その凝縮時間のなかでいいなぁって感じたエピソード。


まず榮倉奈々ちゃん。

岡田准一の背中がトイレのマークみたいだ
今回はなんと劇中で着用している図書隊の制服で登場。さらに現在行っている撮影のためにかなりパンプアップして制服のシャツが腕が上がらないくらいぱっつぱつだった岡田准一。その背中を見ながら、榮倉奈々ちゃんが「トイレのマークみたいだ」と言ったという話。

逆三角ね。
ジュンピーがさっきトイレのマークみたいだって言われたんですけどって奈々ちゃんをいじるモードで喋っていたのが可愛かった。暴露されても、「だってそっくりじゃないですかー!」と奈々ちゃん。
ジュンピーはくるっと観客に背中を見せてくれました。(個人的にここでいちばんテンション上がった)

ほんとにパンパンだった。アイロンかけ必要ナシ!って感じ。筋肉の盛り上がりが尋常じゃなかった。貴重なもの拝まさしていただきました。なむなむ。

そしてそんな堅物ジュンピーをトイレのマーク!って言えちゃう奈々ちゃんの無邪気さにずっきゅーーーーーーんと心臓打たれた。そのひと本人がもともと持ってる「かわいさ」だった。
かわいかったなぁ〜。



「かわいいよねぇ」×4
岡田准一の口癖といえば、「かわいい」である。そしてその対象はもっぱら"若い男の子"。
ここまで言うと語弊があるのかもしれないが、ここまで言い切りたくなるわたしの気持ちもわかってほしい。あんなにいやらしくセクハラ紛いの発言を繰り返してもきらわれないのは岡田准一だからだ。(アッ)


今回の舞台挨拶で密かに抱いていた個人的な願いは「岡田准一福士蒼汰へのかわいいという発言を生で聴く」でした。
しかし今回の舞台挨拶で福士蒼汰は来ない。はて、どうなることか。でもまあ蒼ちゃんがいてもいなくても多分話題には出してくるだろうな、ジュンピーのことだし。と、岡田准一の三大かわいい後輩福士蒼汰への熱情に期待して挑んだ!


結果、期待以上。
わたしが指折り数えた「かわいいよねぇ」発言は4回。内訳、榮倉奈々へ1回、福士蒼汰へ3回。

一回目は最初に出てきたとき。
岡田「映画どうでしたかー?かわいいかった?」(微笑み)
岡田「榮倉さんが」
岡田「…?僕のことだと思った?(んぅ?違うよ?みたいなちょっとからかうようなニュアンスだったと思う)」


初っ端からかわいい飛ばしてきたーーーーーーしかも変化球奈々ちゃん宛てーーーーー\(^o^)/


それ以降のかわいいはすべて福士へ宛てられていました。
なんでも、試写会で福士がボロ泣きしたそうで。奈々ちゃん曰く「ドラマみたいな涙」。あ、どのタイミングでかわいいって言ってたか忘れてしまった………、、、、(一生の不覚)そのかわりに福士の涙ネタでのジュンピーと圭くんの会話が可愛かったのでそのログみたいなの書いときます。


岡田「僕もそんな福士くんをみて泣いちゃいましたよー」
  \会場ザワッ/
田中「?え?!泣いてました??僕と一緒に『ドゥーシタァー!ドゥーシタァー!』って言ってたじゃない」(腕組みしながら岡田の顔を覗く)
岡田「あ、まぁ確かにドゥーシタァードゥーシタァーって言ってましたけどね…(モゴモゴ)」


大粒の涙を流して、顔は笑っている福士蒼汰に、いい歳した大人が「ドゥーシタァ!ドゥーシタァ!」とからかっている様はなんとも可愛らしく、想像して身悶えした。

蛇足ですが、「どうしたぁ!」ではなく「ドゥーシタァ!」です。




「甘嚙みは許してやって」

何度も脳内再生してウワァァァァァァァと壁に頭ゴンゴンぶつけてしまいたくなるようなひと言ってありますよね。
たとえばハルキの「可愛くしてこいよ」とか。


1:11〜


うわあああああハルキァァァァァ。・゜・(ノД`)・゜・。



……リーバァーック!リーバァーック!!!脱線しました!戻ります。


んで、
ジュンピーがコメントしててなんか噛んだんですよね。何話してたか忘れた。で、会場の一部から「あっ、噛んだ(ふふふ)」みたいな反応があって、それに田中圭くんが「甘嚙みは許してやって」とフォロー。

「甘嚙みは許してやって」ですよ…?
「甘嚙みは許してやって」…???


もしかしたら私は「生小牧」を目撃してしまったのかもしれない…ろれつが回らない堂上をからかいながらもフォローする小牧……

田中圭さん、この日はテンションが高かったらしく、ジュンピーに「今日はテンションが高いんだよねぇ(幼児に先生が話しかける調子で)」と言われ、自身でも「今日はテンションが高いです」とおっしゃってました。

あと田中くんが話してるときにぼんやりした瞬間があって、すかさずジュンピーが「今はもう月9で頭がいっぱいですか?!」と詰め寄ってた。勢いありすぎて観客にケツ向けてた。
なんなんだろうね、この二人は。


「小牧パトロール」とか「スタートラブ」とかあったけどそれはまた今度。


佐藤信介監督

「言うしかないでしょ」
「もし次回作があったら」という話で、恋愛モノの話になりジュンピーが追い詰められていた。腕組みに力が入り視線が下向きにキョロキョロしだす。

岡田「この先の堂上さんすごいんですよ、すごいこと言ってるんですよ、あれをどうすれば…」
佐藤監督「言うしかないでしょ」(穏やかな笑顔)

笑顔で「もう1回」というような、監督の穏やかさの中にある強かさを感じた瞬間だった。

劇中で奈々ちゃんが走ってるところとか何回走らされたんだろうなーとか思うと胸が熱くなるよね!

あとジュンピーが役柄のことをさん付けで呼んでるのがいいなーって思った。堂上さんって。
そういえば宮部のことも宮部さんって呼んでたな。たまらん。


そんなこんなで、
もうお時間になってしまいました、とアナウンスが入ったとき、奈々ちゃんが「えーー!もう?みじかーい!」と惜しんでいるのがすっごくかわいかった。

のびのびとして穏やかな時間だった。
キャストの仲の良さをいろんなところで言われてるけれど、ほんとに仲いいんだな〜〜って感じた。依存した慣れあった仲の良さではなくて、尊重し合う仲の良さ。信じる仲の良さ。合言葉できちゃうのも分かるわーと。


そしてこのほんのちょっとの時間でこんなにインパクト残してくるのすごいよな〜話す全てがネタになる。

映画も「エンターテイメント」として盛り上げていっているから、キャストと監督のエンターテイメント性も異様に高いんだな。

たのしかった。とても。あんまりいろんなところに行ってきたんだと言いふらしたくないなーと思ってる。減る。思い出が減る!!!!話したら減る!!!!何かが減る!!!!と、そんな気がしてやまない。

では、どうしてブログに書くのか。
それは話す、と、書くということのちがいかなと。思い出を残せるんですよねー。それも整理して。話した途端にそのことばは相手と自分にとどまるものもあるけど、そのまま消えてしまうものもある。まあ録音すればいい話なんですけど。

以前ツイッターを見てて、「書くことはつくることである」っていうツイートを見かけて、なるほどと思ったことがある。
私のこの備忘録は私の個人的な脚色がかかっています。だから事実とは違うかもしれません。レポートって、本当かどうが定かじゃない。
でもその定かじゃないなりにも、人間の脳みそは忘れるようにできてるから、思い出せるように残しておかなきゃ!ということで、書いてみた。

イベント終わったあとすぐさまメモったものをベースにしてるので大まかなところは事実であるはずだけど、悪しからず\(^o^)/

たぶんこんないい思いできることこの先ないんだろうなーとちょっと寂しくも思いながら、次回作があることを密かに期待して。


f:id:nemuinukui:20151025182735j:image

わざわざ仙台に来てくれてありがとう。
回数を重ねるたびに新たな発見がある、深みのある映画をありがとう。



おわり。










p.s
ジュンピーの「かわいいよねぇ」の「よねぇ」の伸ばしかたがヤバイ